社会保険労務士の仕事

東灘区、灘区で就業規則の改定をお考えの企業様、まずはお電話にてご連絡下さい。

初回お打ち合わせは無料です。料金、内容に納得いただいてからご契約開始です。

 

  ● 資格の知名度のわりに、仕事の中身がよく知られていないのはどうして?

 主な仕事の内容は以下のとおりですが、一般的に会社と顧問契約を締結して

業務を行うので、縁の下の力持ち的なお仕事となり、あまり表にでることが少ない

からかもしれません。 

1.総務事務のアウトソーシング

給与計算、労働保険、社会保険の申告や諸手続き代行

2.年金相談

3.労災申請、審査請求

4.助成金の申請

5.人事労務コンサルティング

就業規則作成、賃金設計、退職金制度の構築、労働相談

その他労使にかかわることほぼすべて

 

      ●手続きなら誰でもできる?

 はい、そのとおりです。一般の事務員ができる総務事務。

わざわざ顧問料を支払って、外部の社労士を頼むメリットってなんでしょう。

 

●社労士の上手な活用方法とは?

 あたりまえかもしれませんが、一般の方にはできないことをたのむ

ことです。 専門家だからできること、専門家しかできないことを

社労士からじょうずに引き出してください。 

 

      ●それでは社労士にしかできないことって?

社労士の扱う分野はとても広く、コンサルティングを中心にサービスをご提供する場合、大きく分類すると次の3つにわかれます。

1.人事制度の構築(賃金・退職金制度の構築、社員教育、安全衛生教育)

2.労使トラブル回避のための就業規則作成、社内規定の整備

3.障害年金や過労死などの内容の複雑な申請業務

      

      ●コンプライアンス経営

では、一般のコンサルとはどう違うかというと、社労士は労働法規に関わる法律の

専門家でも あるということです。

1.さまざまなステークホルダーによって対応すべき法律は違う。

2.存在することすら知らない法律でも経営上、知っておかなければ

ならない法律が存在する。

3.法律は各々関連して存在するので、横断的な知識がないと、

解釈ができない。

4.商事法務と違い、軽視されがちな労働法務

 

  〜結局法律を守ることが会社を守ること〜

突然、個人加入のユニオンから団体交渉の通知がきても、労働局から調査

がきても、日頃から就業規則等で社内のルールを定めて周知させ、適正な

手続きの下に、労務管理がなされていれば、恐れるに足らずなのです。

 

※ 個人相談の業務を強化しました。障害年金のご相談と請求、キャリアカウンセリング、

 保険等の見直し、専門家の意見を聞きたいと思ったら、まずは、お電話にてご連絡下さい。

 詳細は、個人向けサービスの記事をごらんください。